霧の中の恋人達

新年あけましておめでとうございます。

元旦からお花買いました。

ニゲラ

私が一番好きな花です。

英名 『ラブ イン ミスト』

キンポウゲ科

クロタネ草属

香りナシ

痛そうな針のような、

靄がかかったような、

まるでもやが密集して霧に見えるかのよう。

死以外の全ての病に効くと言われている

ブラックシードというスーパーフードは、

この花のタネのことです。

ニゲラアサティバ

古代エジプト、アッシリア人が、

3000年以上前から

この花の種を圧搾、オイルにして、

様々な病気、感染の治療として用いていたため、

ファラオオイルと呼ばれていました。

ツタンカーメン王のお墓からも発見されたそうです。

あのクレオパトラも、

スキンケアやヘアケアに使用していたとか。

古代ローマでは、

毒蛇やサソリの刺し傷にも使われていました。

イスラム教の予言書には、

死以外のあらゆる病を治療出来ると

記述があるそうです。

現代の学術文献にも900以上出ているそうです。

ブラックシードは、

世界保健機関が認めるハーブなのです。

南ヨ~ロッパ原産と文献にはありましたが、

正確にはエジプト原産です。

1年を通じて花屋さんに出回ってます

儚げで、

楚々としていて

近付きづらくて。

でも、触れ合いたい。

そんな魅惑的な花です。

恋人達はこの種に

どんなホログラムを内包させるのでしょうか?

 

追伸:

■ LINE@やってます!こちらでは、お花教室を運営している方や講師をしている方に新しい情報をお伝えします!
⇒ LINE@に無料登録する!

フェイスブックやっています!気軽な感じでお友達登録お待ちしてます。
『船長モニカ』で検索するとトップに、出ます!
⇒ フェイスブックでお友達になる!

■ インターネットラジオでパーソナリティーをつとめています。よろしければご視聴下さい。
⇒ ご視聴はこちらから!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP