【日本人の心に息吹く花。桜。】

お元気ですか?
北村あづみです。

桜の木を見るたびに、
春が恋しくなります。

そんな桜。

春の訪れを知らせる桜の花は、

見る人の心を癒やし

あたたかな気持ちにさせる、

日本人にとって特別大切な意味を持つ花。

桜の歌といえばこれですね。

あしひきの 山桜花 日並べて

かく咲きたらば いと恋ひめやも

〈山の桜がこのまま何日も咲いているなら、

こんなに恋しく思うこともないのに〉

私の大好きな万葉集の中の一句です。

満開の桜の一瞬の美しさと

恋の行方の儚さが見事に溶け合い

なんともいえない

切なさを見事にうたいあげた傑作です。

思わず自分の感情が歌に乗って

過去のさまざまな思いが蘇ります。

満開の頃に放たれる

匂うような美しさ。

そして、はらはらと

一斉に散る、その潔さ。

今も昔も

人は桜の花の命の短さ、

儚さに惹かれているのです。

私は桜をアレンジするとき

「命」について考えさせられます。

息とし生けるものたちは

どこから来てどこへ行くのか……

そんな気持ちにさせられながら

花の命を大切に扱うということ、

めいっぱい活かしてあげること、

そんな想いを抱きながら

いつも花たちと向き合っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP