【葉よりも花が先に咲くネコヤナギ】

こんにちは。
北村あづみです。

私は、銀色の長く美しい毛を蓄えた
洋猫の尻尾を見るたびに、

早春を知らせる花、
『ネコヤナギ』を思い出します。

ネコヤナギはヤナギ科の落葉低木で、
河川の水辺に広く見られます。

3~4月頃に花穂をつけることから、
春を告げる植物として愛されています。

枝に銀白色のふっくらとした花穂をつけます。

この花穂の特徴的な形が
猫の毛のようであることから、
和名「ネコヤナギ」という名がつけられています。

万葉集にもこの花を歌った作品があります。

山の際に 雪は降りつつ しかすがに
このカワヤギは 萌えにけるかも

(山には雪が降っているのに、
  このカワヤギはもう萌え出ています)

カワヤギとはネコヤナギのことです。

葉よりも先に花を咲かす、そんな勇み足なところが、
春を待ち望む万葉の人々の心を捉えたのでしょう。

ふわふわとした猫のしっぽのような
銀色の花を咲かせるネコヤナギは、

当時の景色の中で、
とても目立つ、愛らしい花だったと考えられます。

今も華道の世界で重宝されるネコヤナギ。

お花屋さんで見かけると、
春がそこまで来ているな、
と嬉しくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP