バレンタインのお花といえば

こんにちは。
北村あづみです。

最近、

新しいイベントが少しずつ増えてきましたね。

その中でも新しいのが、

”フラワーバレンタイン”

聞いたことがある方もおられることと思います。

このフラワーバレンタインといういべんと。

男性から女性に花を贈る、

新しいバレンタインの楽しみ方なのです。

そもそも、

バレンタインに男性から女性へ花を贈るのは、

ヨーロッパのみならず、

アメリカや一部のアジア諸国でも

慣習として根付いているんです。

もともと欧米でバレンタインデーとは、

男女問わずお互いに愛や日頃の感謝を、

花やメッセージカードなどで伝える日でした。

例えば、

イギリスでは赤いバラを贈ります。

女性から男性へチョコを贈るのは、

実は日本と韓国だけなんです。

女性にとって、

男性から花を贈られることは想像以上に嬉しいもの。

豪華な花束ではなくても、

男性が選んでくれた、

というだけで大感激します。

一方、男性にとっても、

フラワーバレンタインデーは、

自分の気持ちや日頃の感謝を

花と共に伝える良い機会になります。

女性から男性にチョコレートを渡す、という

以前からのバレンタインデーの習慣が

徐々に薄らぎ、

義理チョコも減ってきている昨今。

2月14日を楽しむ

新しいイベントとして、

この”フラワーバレンタイン”が浸透するといいな、

と個人的には強く思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP